景色

BOSE

こんにちは、BOSEです。

先の土日に、あるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の集まりで、和歌山県由良町にある白崎海洋公園というところで、バーベキュー・キャンプに参加しました。

ついでに、スキューバダイビングもちょっとだけ体験させてもらいました。
とにかく初めてだったので、前を見ることができず、下(海底)ばっかり見ていましたね。(●´ω`●)
その上、足にフィンを付けて泳ぐのも初めてで、うまく使えず、全然前に進めませんでした。( ̄ー ̄;

一番深い所で水深4m、時間にして15分ほどだけだったのですが、とても楽しかったです。
ちゃんとライセンス取って、またやりたいな、と密かに考えています。

で、そこのスキューバダイビングのクラブハウスにAEDが設置されていました。
まあ、当たり前の話です。
むしろ、こういった施設にAEDが設置されていない方が、なんで?と思います。

駅や学校、公共施設やスポーツ施設はもちろん、今や商業施設でも設置されているのが当たり前、という風景になっています。

でも、AEDを普通の景色の一部としてやり過ごすと、いざという時、あれ?確か近くにあったはずだけど、どこだったっけ?なんてことになりかねません。

AEDがあるのは当たり前の風景というのはいいことですけれど、きちんと認知して位置情報を頭の中に記憶しておくことが大事ですね。

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ