地元にて

kanosamu

どうも!レックスの若乃花です!!

先日、身内に不幸がありまして地元に帰っておりました。

僕自身は最後に手を合わせるだけでも、行って良かったなって思いました。

その人は年齢的には高齢で天寿をまっとうされた最期だったわけですが、突然の通夜にもかかわらず本当にたくさんの方が列席されておりました。恐らくお葬式(僕は不参加)ではもっと多い人が参加してたと思います。

生前は学校関係の仕事をされておられたとのことで、当然教え子の方や関係者も多くおられたと思います。

世の中いろんな人がいて、僕も色んな人と出会って人生を送っていくわけですが、最期にはああやってたくさんの人に惜しまれながら迎えれたら幸せだろうなって思いました。

ちなみに僕の母は「私は騒がしいのはイヤやから身内だけでイイよ!」なんて言いましたが、恐らく目いっぱい盛大にやるぞって思っちゃいました。てか、まだ全然、親孝行も出来てないんで、100歳ぐらいまでは長生きしてもらわないとダメですけど^^;

ちなみに地元の駅で見つけたのでパシャ

 

ついに、こんなところまでAEDが来てたんですね。ぜひ万が一の際は活躍して欲しいものです。

高齢化社会が問題とかって言いますが、何が問題?!って感じです。大切な人が長生きすることに問題なんてないですし、年を重ねた人の世話をするのは若者の義務だと思ってます。

皆さんどう思いますか?

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ