AEDを身近なものに!

BOSE

こんにちは、BOSEです。

9月17日付のラルフ(wrapper)氏のブログの「めざましどようび」でも触れられていましたが、日本では、AEDの設置・報告義務のあるアメリカと比べて、普及率はもちろん、一般市民の認知度もはるかに低いようです。

『全国に22万台もAEDが設置されていながら、07年に一般市民によって心肺停止が目撃された心原性心肺停止19707件のうち、市民によってAEDなどが使用された例は287件しかなかったという。287件の生存率が42.5%、除細動されなかった例の生存率が9.7%と歴然とした差があるので、理論上は千人単位で救えるはずの命が失われていることになる。』
ロハス・メディカル Lohas Medical Web の記事から引用)

理由は色々あるのでしょうが、日本ではまだまだAEDの価格が高いというのが、大きな理由の一つではないでしょうか。
22万台あるとはいえ、設置場所の大半は公共施設が中心だと思います。一般企業や一般マンションなどへの普及が進めば、認知度も上がると思うのですが..
一番のネックは、やはり価格でしょう。1台30~40万円以上もする物をこのご時世、おいそれと買えませんからね。(REXAEDでなら、もっと安く買えますけど)

そこで!価格がネックになっているとしたら、朗報があります!
CUメディカルの普及型AEDの厚生労働省の認可が、この秋にやっとおりるそうなのです。
iPAD NF1200 という製品です。

NF1200-2

まだ認可されていないので、製品情報はCUメディカルの韓国版HPをご覧ください。
そういうわけで、実はまだ正式な価格の発表もされていないのですが、従来機種よりは間違いなく安いです。
そのかわり、ER-1のような液晶表示パネルは付いていません。

iPAD NF1200 が牽引車となって、AEDがお求め安い価格になり、一般市民の身近な物になることを願っています。

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

  1. 初めてコメントさせてもらいます

    当社もCU-ER1を所有しています

    心電図付と充電式という点で採用しました

    ブログ本当に勉強になります

  2. コメントありがとうございます。

    CU-ER1は、使用者の立場で作られた非常に優れた多機能型AEDです。
    購入後、もっとも費用の掛かる電池を充電式にすることによって、使用者の負担を軽減しています。
    まあ、その分充電の手間は掛かるんですけど..

    CU-ER1の良さが分かっている方からコメントをいただいて、とても嬉しいです!
    今後もREXAEDともども、よろしくお願いいたします。

  3. […] 前のブログでも書きましたが、日本ではまだまだAEDの認知度は低いです。 救命講習などに参加する人がもっともっと増えて、市民による一次救命処置の重要さが広く認識され、実行され […]

  4. […] 以前お話したCUメディカルの新型AED、iPAD NF1200が、予定よりも2・3ヶ月遅れになりましたが、やっと厚生労働省の承認をもらったそうです。 ↓ こちらをご覧下さい。 iPAD NF1200 […]

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ