救急蘇生法の指針 2010(続)

BOSE

こんにちは、BOSEです。

前回お話した、「救急蘇生法の指針 2010」が入荷しました。

前の「救急蘇生法の指針 2005」は40ページだったんですが、「2010」は47ページになっていました。
また、挿絵が前のはちょっと怖い印象だったんですが、今回のはかわいらしく親しみやすくなっています。


左が「2005」で、右が「2010」です。

字体も、明朝体からゴシック体になり、字のサイズも少し大きくなって、読みやすくなりました。

肝心の内容はというと、『救命の連鎖と市民の役割』と『突然死を防ぐために』の部分が大見出しになって内容が充実し、ページ数も大幅に増えています。
また、『(参考)乳児をお持ちの保護者の方へ』と『心肺蘇生における倫理と法』のページが追加されています。

私個人の意見を言わせていただくと、前のよりもずいぶん見やすく分かりやすくなっているように思います。

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ