300年も前の心肺蘇生法。

ほっこりこ

おはようございます。ほっこりこです :-D

今日は300年も昔に行われていたといわている心配蘇生法を紹介します。

それはなんと逆さ吊り法と呼ばれ、人を木に逆さに吊り下げ足下をひもでくくり引っ張ってショックを与えるそうです・・・・ :cry:

え・・それって大丈夫・・・?と心配してしまいますが、水の中で溺れ溺死に近い状態から蘇生した多くの事例が記録として残っているそうです。

主にイギリス、ヨーロッパ、アメリカで行われていたようで・・・

いやぁ科学が進歩してよかったです 8-O !!!!!

他にも湾岸沿いでは酒樽(さけだる)に人を乗せて酒樽の動きで胸部を刺激し蘇生させる方法等、地域によって様々あるようです。

注:あくまでも昔の話ですので決してマネはしないでくださいね!

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ