9月9日は救急の日

BOSE

こんにちは、BOSEです。

9月5日の朝日新聞夕刊に、2年半前、試合中胸に打球を受けて心肺停止に陥り、AEDで一命をとりとめた、当時の高校野球選手の記事が載っていました。

彼は現在大学生で、9月9日の救急の日に合わせて、地元大阪で少年野球チームに自らの貴重な体験を講演するそうです。

事故時には、たまたま消防署員が観戦に来ていたそうで、おかげで処置が早く後遺症も残らなかったそうです。

運良くたまたま消防署員や救命士が近くに居合わせなくても、素早い処置ができるように、市民による一時救命処置AEDがもっともっと普及するようになってほしいです。

救急の日が、万が一の際に自分に何ができるか、を考えるいい機会になったら、と思います。

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ