リコール

BOSE

こんにちは、BOSEです。

ネットで見たんですが、米国食品医薬品局(FDA)によると、
米国では、2005年から2010年の間に4343件の医療機器のリコールがあったそうです。それらのリコールの主な理由は設計上や制御についての問題だとのことです。
また、2005年から2010年までの間のリコールで最も大きな比率を占めたのは心臓血管領域の機器で、全リコールの16%を占め、その心臓血管治療領域デバイスのリコールのほとんどは、自動体外除細動機(AED)だったそうです。

ネットで記事を読むと、「年間の医療機器のリコールの数は、2005年の928件から2010年の928件に増加しました。」と書いているんですが、928から928だったら全然増えてないですよね。
どっちかの数字が間違ってはずなんですが..
間違いが修正されないまま、ネットで拡散しちゃってます。
こういうことって、結構あるような気がします。

AEDのリコールは、当社も2回経験しました。
2008年のメドトロニックLIFE PACK と 2010年3月のCUメディカルのCU-ER1です。

メドトロニックは、リコール慣れしているのか、対応が事務的にちゃっちゃと進んでいく感がありましたが、CUメディカルの方は、初めてのリコールだったせいか、対応が後手後手になっていたような気がします。

どちらにせよ、命に関わる物ですから、リコールなんてないようにお願いしたいもんです。

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ