AEDのリコール

BOSE

こんにちは、BOSEです。

先週11月20日、日本光電から、同社が販売しているAED、カルディアック・サイエンス社(米国)製のカルジオライフシリーズのリコールが発表されました。

日本光電によると、今年4月15日に奈良県内の介護施設内で80歳代の女性が倒れ、周囲の人がAEDを作動させたが放電せず、その後、心臓マッサージによる蘇生が試みられたが、回復しないまま同日死亡した、という事故があり、調査した結果、セルフテストで検出できない故障が発見された、とのことです。

これの前には、10月-11月に掛けて、フィリップス社(オランダ)製のAED・ハートスタートFR2+に故障率の高い部品が使われている可能性があるとして、自主回収が実施されました。

さらに遡ると、昨年8月頃には、当社にもレンタル品の扱いがあるメドトロニック社(米国)のLIFEPAK CR+のリコールがありました。この時は当社も対応に追われ、大変でした。 (T△T)

Recall Plus(リコールプラス)というサイトにまとまって情報が載っているので、ご参考にして下さい。

CUメディカル製AED(CU-ER1)の販売元である大宇ジャパンによると、CUメディカルは日本で認可されているメーカーのうち、リコールを起こしていない唯一のAEDメーカーだそうです。
これからも、ずっとそれが続くように願いたいものです。

֘AL

トラックバック用URL:

この記事のコメント・トラックバックRSS

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

ページの先頭へ