AEDが空を飛んでやってくる!

BOSE

こんにちは、BOSEです。

昨年後半サボった分、取り返すつもりで更新していきます!
(どこまで続くやら..)

ゴルファーに朗報です!
ゴルファーに無人飛行機でAED輸送 東大などが実験

当社にもラジコンヘリがレンタル品としてありますが、これはサーモグラフィカメラを搭載して飛ばし、メガソーラー設備などの調査や管理に用いるものだそうです。

どちらも使用目的や使用場所が非常に限定的なんですが、もし万が一落ちると危険なので、ゴルフ場とかメガソーラー施設とか、あまり人のいない場所でしか使えないというのが理由なんですね。

二次災害

BOSE

こんにちは、BOSEです。おっと、2ヶ月ぶりです。

新潟県のスキー場で遭難したスノーボードの3人、助かって良かったですね。
正直なところ、もうダメだろうな、と思っていました。
捜索を打ち切らないとならないくらいの悪天候でしたもんね。

さて、捜索を打ち切るのは、もちろん二次災害を防ぐためですが、救命講習でも同じことを言われます。実技講習で倒れている人にすぐに近付くと、必ず教官に注意されます。
その人が倒れたのは、病気などの原因ではなく、外的要因の事故かも知れないからです。あわてて近付くと、自分も共倒れになる恐れがあるので、周囲(前後左右、上下)を見渡して安全を確認してから近付きなさい、というわけです。

動物に襲われたのかも知れないし、上から何か落ちてきたかも知れません。あるいは、ガス中毒かも知れません。
ガス中毒は、見ただけではちょっと分かりませんけど。

ともかく、分からない状況下ではまず確認!大切です。
気をつけましょう。

AED10年

BOSE

こんにちは、BOSEです。

前の更新は8月でしたから、3ヶ月ぶりです。
いいわけですが、サボってたわけじゃなく、忙しかったんですーー。

さて、今年はAEDの使用が一般市民もできるようになってから10年目です。

消防庁によると、解禁1年目の2005年は全国の心肺停止による救急搬送数が1万7882件で、そのうちAEDが使用されたケースは46件(0.26%)、一昨年2012年では同じく救急搬送数2万3797件で、AEDが使用されたケースは881件(3.7%)だったそうです。
AEDの使用は件数で19倍、率としては14倍なんですが、それでも3.7%じゃまだまだ全然低レベルです。

同じ消防庁の統計では、AEDで電気ショックを受けた患者の1ヶ月後の生存率も、2005年の26.1%から2012年は41.4%に向上しています。
2012年の搬送数のうち、AEDで電気ショックを受けなかった人たちの1ヶ月後の生存率は10.3%だったそうなんで、生存率なんと4倍です。

もっともっとAEDの使用率が上がるようにしなければなりませんね。

ブログ検索
カバド運営スタッフ
スタッフプロフィール
リンク
  • AED販売・レンタル専門サイト【REXAED】

Page 4 of 53« First...23456...102030...Last »
ページの先頭へ